交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

日本において最も多い生活上のトラブルが交通事故です。生命に関わる事態は半減したとはいえ、件数そのものは依然として年間約50万件にも上っています。そのため誰にでも起こり得る出来事としてとらえることが大切です。いざ当事者になれば慌ててしまうものですが、知識を蓄えておけば冷静になれます。中でも難航しがちな示談交渉におけるコツを学ぶことが今後の人生において極めて有益です。

交通事故示談とは?

まず当事者同士だけで話し合うことは感情的になりやすく、水掛け論に終始する恐れもあります。口論から手を出してしまえば被害者と加害者が逆転することになりかねません。保険の手続きを進める上でも必ず警察に連絡をとることが基本です。これならば交通事故を装う悪質な人物であっても安心して対峙できます。警察官の現場検証が進めば、加害者側は自動車保険の担当者に連絡をとるのが一般的です。

つまりそこからは示談交渉の相手が完全に切り替わります。相手はプロフェッショナルであり、少しでも保険金の支払いを減らそうと様々な手段を尽くしてくるものです。それだけに無闇に相手の言い分を認めないこともコツとなります。

あくまで保険会社の人間にとっては、自社の利益を守ることが一番です。この目標を達成するために感情を逆撫でするような言動に終止するケースも珍しくありません。時には契約者に自腹を切らせようとすることさえあり、十分な賠償金が望めなくなることも考えられます。だらだらと時間を費やして痺れを切らすのを待つこともあるでしょう。たとえどれほど不利な条件であろうと、交通事故後の示談が成立すれば翻すことはほぼ不可能です。発生直後から決定までの僅かな時間こそが一切を決します。

交通事故弁護士に依頼する

保険会社との交通事故示談交渉で素人では手に負えないのであれば、交通事故 弁護士の出番です。交通事故においても示談交渉に強い法律のスペシャリストを利用できます。コツとしては事前に法律事務所の連絡先などを把握しておくことです。普通は相談自体にお金がかかってしまいますが、この分野は無料で受け付けてくれるところも珍しくありません。これならばトラブル発生直後でも気軽にコンタクトをとることができます。そこで依頼すれば迅速に行動を開始し、保険会社の担当者とも対等に渡り合ってくれますので頼もしい限りです。

また、書類を作成するのも一苦労です。交通事故弁護士に頼めば、面倒な示談交渉以外にも、書類手続き、申請を全て行ってくれます。治療に専念できるのです。

弁護士に任せる実際の効果とはしては有益な報告がもたらされています。専門家の有無で賠償金に倍以上の開きが出るケースも珍しくありません。これならば依頼料を考えても、十分なお金が得られます。

そもそも弁護士が現れた段階で相手もしつこく引き下がろうとはしなくなるものです。それほど法律は動かし難いため、有効に活用することが大きな意味を持ちます。まずはスマートフォンに法律事務所の連絡先を登録することが先決です。動揺している時でも見つかるよう、分かりやすく記載しておくことも有用に運ぶコツとなります。交通事故という不測の事態だからこそ落ち着いて示談交渉できる方法を準備しておきましょう。

投稿日:

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.