交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

交通事故

示談金や賠償金の額がアップするだけじゃない!弁護士の存在

更新日:

弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ってしまった場合には、弁護士に依頼することで、多くのメリットがあります。具体的なメリットとして、示談金や賠償金などの金額が大幅にアップすることが挙げられます。通常の事故の場合には、事故を起こした相手方の保険会社などが窓口となるケースが想定されます。保険会社としては、なるべくなら費用負担を少なく済ませたいという観点から、示談金や賠償金の額を少なく提示してくる場合が多くあります。交渉する相手が一般の人であることから、法律の知識がないと判断され、相場よりも極めて少ない金額を提示されてしまうことも往々にしてあります。しかしながら、そのようなケースでも弁護士が介入することで、たちまち示談金や賠償金の額が跳ね上がることも珍しくありません
弁護士を依頼することにより、費用が発生することになります。その費用を加味して考えても、一般の方が自らのみで交通事故後の交渉にあたるのは避けるべきといえるかもしれません。弁護士費用を支払ってでも、示談金や賠償金の額がアップすることで、決して損をすることはないといえます。軽度の人身事故や物損事故でも、弁護士に躊躇なく依頼することが大切です。最近の保険には、弁護士費用特約がついている場合が多くあります。この弁護士費用特約により、弁護士費用は相殺できることになります。相手方からの示談金や賠償金は全て手にすることができます。

後遺症等級の獲得

弁護士に依頼することのメリットには、示談金や賠償金の額がアップするということ以外もあります。万一、交通事故の後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害等級が獲得できる可能性が高まることになります。むろん、このような障害が残らないことが何よりも望まれるところですが、不幸にして後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害認定されるか否かは重要なポイントです。後遺障害認定の手続きをする以前から弁護士に認定のサポートを依頼することで、無等級が等級認定されたりなどの結果につながるケースも少なくありません。トータルで見た場合には、弁護士に依頼することで、大幅に示談金や賠償金の額が増えることになります。そのようなことからも、交通事故に遭った場合には、速やかに弁護士に相談することが得策です。とはいえ、弁護士にいきなり依頼するということには、二の足を踏むという人も少なくないかもしれません。そんな人のためにも、弁護士によっては24時間365日相談可能なサービスを行うという事務所も増えています。現代のネット社会に合わせる形でもスマホからの相談を受け付けるという弁護士も徐々に広がりを見せています。夜間や土日でも相談者の相談に乗ってくれるという弁護士事務所もありますので、交通事故に遭ってしまった時のためにもチェックしておくと良いかもしれません。交通事故に遭ってしまった場合には、警察などへの連絡もさることながら、交通事故に強い弁護士への相談も直ぐに行うことが大切です

-交通事故

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.