交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

交通事故

交通事故と事故車買取の関係を解説します

更新日:

買い替えについて

車を処分する理由はそれぞれですが、最も多い理由となるのは「買い替え」です。それまで使っていた車から新しい車に買い替えることをきっかけに、それまで使っていた車を処分する方法として「売る」「捨てる」「譲る」といった選択をすることになるわけですが、中でも多い選択肢が「売る」です。

車を売る場合、大きく分けると「買い取り」「下取り」に分けることができ、これらはそれぞれ違った特徴を持っています。たとえば、「買い取りの場合は市場のニーズを参照した相場で価値が評価される」という状況に対して、「下取りの場合はメーカーの評価基準によって相場が決定する」という状況になります。簡単に違いを言い表すと、「高く売れるかどうかの違い」になります

一般的な認識として、下取りと比べて買い取りの方が車を高く売れるとなっています。しかし、必ずその通りにになるということではなく、あくまでも相対的に見てそうなる可能性が高いというだけの話です。つまり、一般的には買い取りの方が高く売れると言われている状況だったとしても、状況によっては下取りを利用した方が高く売れる可能性もあるということです。

交通事故などに遭遇した車のことを「事故車」と表現することがあります。通常、事故車と言われる車両の買い取り価格は非常に安くなってしまうのですが、選択肢いかんによっては十分に高く売れる可能性もあります。総じて安く評価されてしまう状況が多いとは言え、車両としての価値が高い状態であれば通常と変わらないような評価を受けられることもあり得ます。単に「事故車だから安い」という認識は正しくないということを覚えておきましょう。

事故車について

この点を正しく判断するためには、「そもそも、『事故車』という定義は何か」を正しく認識することが重要です。「事故車」という字面から、「事故に遭遇した車はもれなく事故車扱いになる」と認識している人もいますが、実際にはそういうわけではありません。もっとも、事故に遭遇した車は総じて「事故車」と形容される状況はあるものの、それが評価を下げる要因になるかどうかは別の話です。

事故と言っても状況はさまざまで、車両同士がぶつかってお互いに全損状態になるほどの大事故もあれば、見た目に分からない程度の傷が残るような接触事故もあります。いずれも形式上は同じ「事故」ですが、それだけで評価基準が一律になってしまったのでは不満が出てしまいます。

大切なことは、「再使用に関してどの程度の影響があるのか」です。一旦全損となった車両とほんの少し傷がついただけの車両では、ほとんどの状況で後者の方が安全性が高いです。つまり、後者の方が高く評価されて然るべき状況といえるわけなので、その通りの結果にならなければおかしいわけです。

しかし、多くの買い取り業者はそのようにはいかず、大きく査定が下がってしまいます。そこで、「事故車買取専門業者」を利用し、少しでも高く売ることを検討することも大切です。

-交通事故

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.