交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

過失割合

自転車と自動車の事故で、どちらが交通事故被害者なのか

投稿日:

自転車事故

最近では自動車をやめて電車通勤をする人や夜間でも自転車で走行する人が増えてきています。交通事故の件数は減ってきてはいるものの、交通事故の割合ではお年寄りが被害者となっているのが被害者のその半数とデータ調査では出ています。

そして自動車で交通事故を起こした場合、それが歩行者や自転車が交通事故被害者となったとき、自動車を運転していた人は最悪刑罰を科せられることがあります。

自動車VS自転車事故

実際にある交通事故の事例を挙げて説明しますと、自転車と自動車の衝突ですが、停止線の標識のあるところで、自転車は止まらずに、通勤途中で車にはねられてしまいました。事故となった現場は信号機のない交差点で植木などで覆われて見通しの悪いところでしたので、加害者となった車はゆっくりと発信していたのですが、被害者は停止せずに突っ込んできたのだそうです。

また運が悪いことに被害者となった男性の方はまだまだ働き盛りの大人で、打ちどころが悪く頭に障害が残り仕事も配置転換など様々な悪いことが降りかかりました。

ですが、加害者となった方にも言い分はあり、停止線で止まらなかったのでそちらのほうが悪いと言いはったため裁判となりました。この場合、車と車なら言い分は通ります。この場合、確かに7対3の割合となるのです。しかしながら道路の場合、弱者優先となります。この場合も弱者は自転車と認められるケースとなりました。結果は車の運転手の態度が悪いとして10か月の懲役刑が科せられたのです。また老人や18歳以下の未成年の場合ですともっと重くなる場合があります。

渋滞の中、電車に乗り遅れないかとか、信号機近くの交差点では接触事故はよくある話です。特に通勤途中や通学途中で車への接触事故はありがちなことです。確かに中には当たり屋と言ってわざわざ接触事故を起こすような行為をして示談を持ち掛けるケースもあります。

自転車は弱者!自動車の言いなりにならない

こういったことにならないために、もしも交通事故にあった場合、軽い事故だからと言って示談にしてはいけません。幸い自分に怪我がなく車に傷をつけてしまったとしても慌てずに警察などにきちんと自ら連絡することが重要です。

また未成年なら事故に慣れていないことも当然のことです。ですから、日頃からもしも子供が事故にあったらの事をきちんと家庭内で話しておかなければなりません。接触事故にあったからといってすぐに車の弁償を全額する必要はないのです。こういった時、警察にきちんと事故報告書を作成してもらうことが基本となります。またあらかじめこういった接触事故といったトラブルにならないように自転車に適応できる損害保険に入っておくのもよい対処法の一つと言えます。

車との接触となった場合、大きな怪我や後遺症が残ってしまうケースがあります。病院でかかる費用も馬鹿にはなりません。ましてや家族にかかるのは負担も大きいはずです。こういった場合慰謝料請求をできる可能性が高くなりますのできちんと弁護士を通して話することが肝心です。

-過失割合

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.