交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

過失割合

交通事故の過失相殺とは何か?わかりやすく解説

更新日:

交通事故における過失相殺とは何かというと、事故にあった被害者が相手に対して損害賠償請求をする時に、被害者側にも過失があった場合、その過失具合に応じて裁判所が損害賠償額を減額する事を言います。交通事故では事故を起こした人と被害者の過失の割合によって請求額が減るという仕組みがあります。過失割合は事故の状態によって客観的に決められますが、基本的には警察が行う現場検証の資料、つまり実況見分調書が重要視されます。
ではこの過失相殺の割合によって決められた保証金にどうしても納得が出来ない場合はどうしたらよいかというと、こうした過失相殺の交渉の相談や代行を得意とする弁護士と司法書士がいますので、そういうプロに相談するのが良いです。

司法書士の場合

司法書士の場合は、弁護士に比べて依頼費用が安いのが特徴です。しかし代理交渉が可能な限度額に上限があり、保証金が140万円以上になる時は、裁判で争う事が出来ないという決まりがあります。そういう理由から軽い交通事故の場合であれば司法書士に依頼するほうが良いですが、交通事故の被害が大きく、被害者の入院費や治療費、車の修理代に慰謝料など損害賠償額が大きくなる恐れがある場合は弁護士に依頼したほうが良いです。依頼すれば面倒な手続きを全て代わりにやってくれ、過失割合が是正されたり、慰謝料が増額されたりする事も見込めます。弁護士によっては無料で電話相談や面談が出来たり、着手金を取らないところもあるので必要な場合は調べてみると良いです。

実際に過失相殺が問題になる事故とはどのようなものかというと、加害者と被害者の両方が原因で起きてしまった交通事故が挙げられます。また加害者側が悪い事は悪いが、被害者にも一定の責任があるような場合も問題になります。
人身事故を起こしてしまうと、加害者は被害者に対して沢山のお金を支払う必要に迫られます。しかし被害者にもある程度の過失がある場合は、情状酌量の余地があると見なされ、過失割合に応じて調整する処理を行うことになります。

ではどのようにして過失相殺は決まっていくのかというと、まずは交通事故が起きた場合、警察が詳しい現場検証を行い、実況見分調書を作ります。この書類にはどちら側がどの方向からぶつかり、スピードはどれ位出ていたのか、また車の破損状態はどれ位か等が記されます。そしてこの書類は警察が公平中立な立場で作った資料として信用性が高く事故の重要な証拠になります

過失割合が重要

この結果内容を踏まえて、加害者と被害者の過失割合が決まる事になります。
しかし実際にこの割合を決めるのは保険会社です。中には納得できない割合を提示されて交渉の結果、割合が変わるという事もありますので納得が行かない場合は交渉すると良いです。保険会社と安易に示談に応じてしまうのは危険で、一度書類にサインしてしまうとこれ以上過失割合を争う事が出来なくなりますので注意が必要です。

過失相殺が行われるのは、交通事故の保証金が払われる直前ですので、事故が起きてから時間が経っているので、詳細を鮮明に覚えている事は難しいので、こうした交通事故示談を扱うプロの司法書士や弁護士に相談する事が大事です

-過失割合

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.