交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

自動車保険

無保険事故!交通事故示談をする際に知っておくべき注意点

更新日:


交通事故にあったら、物的、人的被害が生じますし、怪我で仕事を休んだりすると、それによる損害も発生します。加害者が任意保険に入っていれば、加害者が被る損害については補償を受けることが出来ますが、無保険者である場合には、相手に十分な資力がなければ賠償金がもらえません。

無保険事故のリスク

厄介な問題を抱える無保険者との交通事故示談では、いろいろと気をつけなければいけません。それを見ていく上で、相手が無保険者といっても、自賠責保険に加入しているかどうか、という違いがあります。自賠責保険では、被害者がその体に被った損傷に対して補償される、というもので、金額には限度があり上限は120万円ということになっています。120万円は少なくない金額にも思えますが、交通事故で治療をしていくとなれば、すぐにこのくらいは使ってしまう金額です。むしろ怪我の程度にもよりますが、足りなくなるでしょう

自賠責保険の賠償金以上をもらいたい、車などの損害についても補償をしてもらいたい、というときには、加害者に対して直接請求するしかないのです。

そして、自賠責保険すら入っていない、というときには、全てを相手に請求することになります。とはいえ、相手がすんなり支払うとは限らず、交通事故示談は時間がかかる可能性が高くなるのです。

ここで問題になるのは、加害者が単純に支払わない、というのとは別に相手に資力がない、という可能性が高いということです。そもそも、十分に資力があれば、任意保険の保険料を支払えるだけの余裕があるはずです。それが任意保険、あるいは自賠責保険すら加入していないということは、お金に困っている可能性が高いのです。たとえ、裁判をして相手に賠償金の支払いをするようにと命令が出ても、選択部分もなくて支払えなくて、被害者が泣き寝入りになってしまうかもしれません

交通事故示談という選択

それから、交通事故示談を薦めたい、というときに無保険者であることには大きな問題があり、被害者も加害者も任意保険に加入していれば保険会社の担当者同士で話を進めることができます。過失割合など難しい専門的な部分も、保険会社の担当者であれば十分に理解していますから、スムーズに話をまとめることができます。

しかし、無保険者が加害者であった場合には、被害者には全く過失がないという事故もあります。そうなれば被害者が加入している保険会社は交渉の場に立つ事ができずに、被害者が直接交渉することになります。加害者はもちろん無保険ですから、当事者同士の話し合いということになるわけです。当事者同士が示談をまとめることは問題はないのですが、それが良い結果にならないかもしれません。

というのも、お互いに法律のことなどよくわからない状態で、交通事故示談をまとめようとすれば、感情論で議論が平行線になってしまいます。加害者としては、お金を支払いたくはないから責任を逃れようとするし、被害者は賠償金をより多く貰いたい、という意見のぶつかり合いで、話がまとまらないこともあるのです

-自動車保険

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.