交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

交通事故

交通事故の悲惨さと対処法を解説

更新日:


交通事故のニュースは、日本国内において毎日のように繰り返し報道され、絶えることはありません。現代では多くの人が免許を持ち、日常生活の中で手軽な移動手段として自動車が使われています。しかし事故は、起こしてしまった加害者の側にも、また命を落としたりケガをしたり、また例え外傷がなくても、精神的にトラウマとなったりした被害者の側にも、悲惨な結果をもたらすことを忘れてはいけません。現代社会では、数多くの犠牲者と加害者を生み出しているのが、便利で快適なはずの自動車なのです。

安全運転の心得

自動車を運転する者には、交通法令を守り、安全運転をする義務があります。他の運転者に対しても、歩行者に対しても、譲り合いの気持ちを持つことが大切で、自分勝手な運転にならないよう、気を付けなければなりません。交通ルールを守ることは当然ながら、ゆとりを持った行動が重要なのです。

特徴的な事故実態として、交通事故の発生時間は夕方から深夜にかけてが最も多いとされています。昼間に比べて、運転に必要な視覚からの情報を確保しにくく、交通量が少ないのでスピードを出しやすい点が挙げられます
発生場所は交差点やその付近が多いですが、逆に見通しの良い一本道だからと言って、スピードを出しすぎて、単独でスリップ事故を起こしてしまったり、車線をはみ出して対向車に激突するケースも多く見られます。

運転者の年齢は、若者と高齢者が多く、また運転経験年数の短い人ほど、多くの事故を起こしています。しかし運転に慣れた熟練ドライバーが、事故を起こさないとは限りません。現在増えてきている事故のケースでは、スマートフォンや携帯電話を操作しながらの、わき見運転や安全不確認、一時停止無視などの法令違反も増加しています。

特徴的な交通事故

このような特徴的な交通事故は、いくつかの偶然が重なって起きてしまい、完全に防ぐことが難しかった事例もあるかもしれません。しかしドライバーの心がけで、防ぐことができたであろう事例があることも事実です。
加えて、シートベルトの重要性と効果も考えなくてはなりません。仮に事故が起きてしまった場合に、衝突や転落事故の場合のケガを軽くすることはもちろん、万が一自動車のドアが開いてしまっても、車外に放り出されることを防ぐことができます。それ以上に、シートベルトをきちんと装着することで、運転姿勢が正しくなり、的確なハンドル操作が確実となり、自分以外の自動車や歩行者の存在をしっかりと視認できる体勢を保つことができ、事故を防ぐための要素ともなるのです。

交通事故の悲惨さは、加害者にも被害者にも、そしてその周辺の人たちにまで及ぶものです。加害者が社会的な制裁を受け、高額な賠償金を支払ったとしても、被害者の身体的・精神的な痛みや、植え付けられてしまった恐怖が完全に消えることは絶対にありません。そうした悲惨さを十分に認識し、少しでも交通事故の発生を減らすことは、ドライバーの役割であり責任なのです。

-交通事故

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.