交通事故被害者に向けた情報サイトです。保険会社の言いなりにならないように、情報武装しましょう!

交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト

交通事故

交通事故の特徴とその実態

更新日:

交通事故の情報

現代では自動車の運転が当たり前となっており、自動車の性能自体はもちろん、国や地方によっては自動車関連の業界によって経済状況が左右されることも珍しくなくなってきました。それほど自動車が人々に与える影響は大きく、それは良いことばかりではなく、悪いことも当てはまります。悪い影響を与えることの筆頭として、交通事故が挙げられます。交通の整備が整っていない発展途上国はもちろんのこと、道路や法律など交通の整備が整っているはずの先進国でも交通事故は絶えることがありません。こうした事故の多くは共通した特徴が存在する場合が多いため、まずはその特徴的な事故実態を把握することが大切です。

まずは、ドライバーがマナーを守るというモラル、あるいは知識や認識の問題です。国や地方などは、それぞれ事故を防ぐごとや、交通状況をスムーズにするためなどの目的で、道路や法律などを整備しています。通常は、ドライバーの一人一人がこれらをきちんと守ることによって事故は防がれ、交通もスムーズになるはずですが、たとえば急いでいるという理由から法定速度を超えて走行したり、信号無視をしてしまったり、あるいはそもそも細かい交通のルールを認識していない、知識がないなど様々な理由でルールを破り、これが交通事故に繋がることが多いです。
これは人間のモラルや心掛けの問題なので、いくら効果的な道路や法律などを整備しても、これらを守るための啓蒙活動なども行わなければ事故は起きてしまうという特徴を有しています。
モラルの問題に関連して、ドライバーの慢心も交通事故の原因として非常に多いです。

その実態とは?

その実態としては、たとえば自分の運転技術を過信することや、誰も見ていないということで法律を守らないといったことなどが挙げられます。特に最近増加傾向にあり、かつ非常に悪質なのが飲酒運転です。近年では飲酒運転に関する法律がかなり厳しく取り締まられているにも関わらず、その数がなかなか減らないという実態は、まさにドライバーの慢心から引き起こされていると言っても過言ではありません。
自分はお酒に強いからとか、警察には見つからないなどといった過信や慢心がそれです。結果的にこれらが重大な交通事故に繋がり、ドライバーの免許破棄などはもちろん、なんの罪もない被害者が出てしまい、悲しむ遺族を増やす結果となっています。

近年の交通事故の実態として増加傾向にあるのが、いわゆる怒りっぽいドライバーの増加です。自動車の運転は、歩いていて人とすれ違う場合と異なり、会話することができないため、お互いに譲り合う精神を持つことで始めてルールが守られることになります。しかし、たとえば他の自動車の追い越される、あるいは前の自動車が遅いとか、駐車に関して他人に注意を受けるなどすることで、それらに対して怒るドライバーが急増しています。具体的には、それらに対しての報復とばかりに、進路妨害や急ブレーキ、信号待ちなどで停車しているときに歩み寄ってくるなど、その手法は様々です。結果的にこれらがトラブルに繋がり、最悪の場合死亡事故に繋がってしまいます。

-交通事故

Copyright© 交通事故DUI|交通事故に強い弁護士の情報サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.